1. TOP
  2. 受講生の声
  3. 【受講者の声】自分が変わると子どもが変わる。と今は信じている

【受講者の声】自分が変わると子どもが変わる。と今は信じている

 2018/09/29 受講生の声 自分らしい育児   680 Views
2018年09月29日

モンテッソーリ@ホームの
菅原陵子(りょうこ先生)です。


はじめてのお子さんは、どんなに子どもが成長しても

すべてが初めての経験です。



自分と違う一人の人であることはわかっている。

大人とこどもは世界が違う。ということはわかっている。


そんなこと、み〜んなアタマではわかっている。



だから、

子どもを叱るときには

目を見て、きちんと理由を説明しようとしている。という方は多いし

子どもが何かに夢中になっていたら、そうか〜と思おうとする。

少なくても姿勢として心がけています。

皆さんもそうじゃないですか?


でも、そういうお母さんは

ちょっとどこかおそるおそる育児をしているように思います。


あっけらかんと、子どもと笑い、

あっけらかんと、子どもを叱り

あっけらかんと、子どもと遊ぶ

を望んでいながら、出来たと思えることは少ない。



で、
モヤモヤ、イライラになることが多いように思います。



ちゃんと説明しているのに、わからない

ちゃんと説明しているのに、いつも同じことをする

気の済むまでやらせたら、いつか収まる。と・・・

思っていたのに終わらない・・・・

モヤモヤイライラ

なんてことはありませんか?




ホームスタディ2期を受講されたYさんは

1歳のお子さんがいるキャリアママ。

お子さんが小さいので、説明というより、

待ってみていたけれど・・・・

それで・・・・?

というところから、講座を始められました。

そんなYさんの最終回の感想です。


最終回の一番の学びはなんでしたか?

・子どもがネガティブなことを言ったり
 弱音を吐いたりしたときに、
 そんなこと言っちゃダメではなく、
 そういう言葉を言う背景の気持ちを受け止める。

 で
 大人も、子どもも、「その気持ちがあるよね」と
 受け止めてもらえる世界があること。



・自分の気持ちニーズだけではなく、
 相手も同じように感情と ニーズがあること。
この思考回路に子どもの頃からなれること。


たぶん、これは初回から言われていることだとは思うのですが、とてもしっくりきたというか、新しい感覚で受け止めた。
目指したい世界観です。

「みんなちがっていい」が
 以前から私の中でテーマとしてあるのですが、
 そのヒントになった。


それ以外にどんな気付きや学びがありましたか?
選択を変えないと「自分は何者であるか」は実現しないし
子どもにも伝えられない
本当にその通りだと思う。


講座を通して、どのような変化がありましたか。
○子どもの見方


自分探究の方に断然時間を使っている。
自分が変わることで子どもも変わる。と今は信じている。
子どもどうこうより、自分次第。
私が自己肯定感を持てなかったら、子どもも持てない。



○子どもとの時間の過し方
何かを変えたという実感がない


○言葉のかけ方
結果ではないことに意識を向けようとはしている。
模索中

○自分の育児に対しての考え方

子どもにこうあってほしい、とか願うより、
親がというか、自分がどうありたいかが大事だと思うようになった。




基本的にキャリアママは、頭がいいというか

回転が早くロジカルな方が多いです。

だから、理屈的にこうですよ。という会話はとっても得意。

自分の育児をいろいろ理屈に当てはめて、

正しい/正しくないのチェックもよく出来ます^^



でも、キャリアママのみている先は「効率・最短・最善」なんですね。

子どもの見ている世界は、常に試行錯誤です。

その違いを肌で理解しないと、どこかでパンクしちゃう。

あるいは諦めてしまったり、ダメ出しをしてしまいます。


Yさんは、ホームスタディで自分の育児を深めていくうちに

大切なことに気が付きました。

「自分が楽しんで育児をしていい(自分を優先して育児をしていい)」

そして、自分が見ているキャリアの世界と違う世界がある。

その、子どもの世界は、私の中にもある。

そこが、本当に納得できて、つぎのステージにたとうとしています。


講座の最初は

子どもがいるので好きなことも出来ないし、

旅行もいけない。私が好きなことは、満たされないと言っていたYさん。


講座の終わりになったら

子どもと旅行に行ってきたんです。

ああ、こうすれば良いんだな。子どもとでも行けるんだな。

というか、予想外に楽しかった。

とおっしゃっていました。




もし、あなたが「やっているのに、やっているつもりなのに」

うまくいかない(イライラ/モヤモヤする) としたら。


それは皆さんのステージチェンジのサインです^^


そんなときに、ホームスタディは、お役に立てます

■現在 募集中のお母さん向け講座 ■
10月16日開講 
モンテッソーリ・ホームスタディ
全8回講座

詳細はこちらから
0〜10歳まで、毎日のオヤコ時間で
最高に子どもを伸ばす母になる、講座です。


 



募集中
「お母さんのモンテッソーリ」講座

10月16日(火)開講
お母さんの
モンテッソーリ講座


お申込み受付中です
おとい合わせ・お申込みはこちら

・0歳から10歳まで
学童期になっても伸びる子を作る親子のための
モンテッソーリ・ホームスタディ

1:モンテッソーリ的な育児の仕方
2:子どもを伸ばすために
  かけるべき言葉とタイミング
3:子どもの自己肯定感を高める&
  新しい時代を生きる 
  コーチング&メンタルワーク

3つのノウハウを
知るだけでなくできるまでレッスンします。


*************


・「おうちモンテッソーリ」
Special Book
→ ダウンロードはコチラから


(PDFでお届けします。
スマートフォンでサクサク読めます)

ご好評につき、ダウンロード延長中。

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ”モンテッソーリが伸ばすチカラと【お母さんだから】できること”

  • 【個別相談の声】意識して会話していた今までより、ずっと子どもに寄り添っている感じがします。

  • 【募集】10歳までの子どもの心・知育・夫婦関係を学ぶ  お母さんのモンテッソーリ・ホームレッスン 7期

  • リアルな実例で。「お母さんが自分を好きって大事だよ」から、自分を好きだという息子との会話

  • 考える子どもに育てたいなら、欲しいものを与えるだけでダメなことも

  • お母さんモンテッソーリが流行っているけど