1. TOP
  2. 実録<わが子がわかる>10秒ワーク
  3. 子どもの世界とあなたの世界を知る10秒ワークのお話

子どもの世界とあなたの世界を知る10秒ワークのお話

モンテッソーリ・ホームレッスンでは
おうちモンテッソーリをファッション的な育児や、その場しのぎの育児メソッドに終わらせないために、しっかり体になじませて、使えるようにしていくワークがたくさんあります。

その中でも、ここから初めて、ここに戻るワークをご紹介。

 

365日 お母さんがおうちで できる
モンテッソーリ・ホームレッスン
菅原りょう子(りょう子先生)です

始まりは10秒ワーク

 

長くやったら満たされる。をどう捉えるか

 

お母さんができるモンテッソーリをお伝えしていく中で、

1:子どもの興味がわからない。
2:集中がわからない。
3:敏感期がわからない。

そして
4:満足した顔がわからない。

 

 

という声をたくさんいただきます。

いずれも、じっくりさせたらこうなるんだよね?

っていう子どもの姿です。

 

 

わからないというお母さんの根っこに共通してあるのは
「こんな姿になるであろう」誤解

↓ ↓ ↓ ↓

・興味=なにかしている(例えばブロックが好き。とか)

・集中=長い時間やっている

・敏感期=お母さんがさせたい知的なことや、日常生活の規律を守ること

・満足した顔=笑顔

 

そんなふうに捉えている方が多くて、

そしてみんなわからなくなっていくように感じています。

 

わが子のことなのに、わからなくなっていく。
わからないというか、見失う感じです。

 

 

「答えは子どもが持っている」の入り口に立つ10秒

 

そんなとき、オススメなのが10秒ワーク

え?それ何するの?という方はこちらから
【おうちモンテのキホンのきSpecial book】

 

 

見失っているなら、まず見てみる。

とてもシンプルですが、効果は絶大。

モンテッソーリ教育でいう

こどもを【観察】する。

をやって見る&できるようになるための画期的ワークです。

 

 

 

モンテッソーリ教育に限らず、子どもを見よう。

答えは子どもが持っている。という教育者は多いですが

じゃあ、子どもが持っている答えは、どうしたら見つかるの?

 

 

聞いてみる? → いや、十分聞いている(あるいは話してくれる)

見てみる(観察?) → いや、見てるよ。**をよくしている。

なんて頭でぐるぐるする方も、まずはやってみてください。

 

 

 

ふと声をかけたくなったタイミングで、10秒

 

子どもが集中しない。

子どもが好きなことがわからない。という多くの場合

実は大人の都合のいいところでしか、子どもの時間がなかったりします。

 

10秒ワークをして見るタイミングは

たとえば家事が一区切りついたなど、自分の用事が終わって

次の活動に移ろうとしたとき。

それまではひとり遊びをしていた子どもに声をかけがちです。

それが実は子供の集中をぷっ。と切ってしまうときが多いです。

 

あるいは、ぱっと見たときに、好ましくないと予想される行動をするな。

という予感がしたときも、待って見るチャンス。

 

子どもと大人は、時間の流れも、考えていることも

見ていることも違います。

 

それは、大人と子供の違いでもあるし

当たり前ですが、一人の人と人の違いでもあります。

 

子どもが小さいほど、つい忘れてしまいがちな

「違う人」だという感覚を思い出したり、理解したり

 

相手=子どもの時間やスペースを守ると、

不思議なことに子どもの姿が見えてきます。

 

 

 

紹介していく実例で、見たり感じてほしいこと

 

たとえば、このあとに続く記事、受講生のシェアから感じてほしいのは

どんなときに待っているのか、だけではなくて

 

 

子どもとの会話をしながら、

お母さんとしては、何を意図して待っているのか。

そんなことを知っておくことだったり

子どもの笑顔のお話だったり、

その後の、子どものスムーズさ。

そして

お母さんご自身の満たされた気持ちだったりします。

 

 

言葉としてまとめるなら

ちゃんと感じること=自分に意識が向いていて、

子どもと区別されているってこと。

 

 

体感であなたが何を感じているのか

わかっていることも、わかっていないことも

しっかり受け止めてみる。というのがカギになります。

 

 

 

まず、あなたは何を感じているか?から

 

子どもとの暮らし、そしてモンテッソーリライフは

まず、自分が感じてみないことには絶対わかりません。

 

 

たとえば、10秒ワークでいうなら

あなたの10秒と子どもの感じる10秒は

同じ10秒でも価値が違う。

 

「こういうことを期待して」10秒待ってあげてるは

実は待ってないんです。子どもを見てもいない。

 

「こうしているか」ジャッジしているだけになります。

 

 

 

 

子どもの10秒を感じてみる。

その10秒を自分がどう感じているかを、自分で感じる。

 

その感じたものが親子時間の豊かさと

確かなモンテッソーリライフにつながっていきます。

 

そして、それがモンテッソーリでよく言われる

子どもを観察するのはじめの一歩。

 

 

 

もし、あなたのしたい育児や、子どもとの関係の作り方が

子どもを伸ばすためにできるだけのことをしたい

なのであれば、10秒ワークをぜひやってみてください。

そして、感じてみてくださいね。

 

全く違う、わが子の姿と自分の満たされ感がやってきます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!