1. TOP
  2. 未分類
  3. 家族がいても、孤独を感じたときには

家族がいても、孤独を感じたときには

 2020/03/11 未分類   269 Views

365日
お母さんがおうちでできる
モンテッソーリ・ホームレッスン

菅原陵子(りょうこ先生)です。

前回のお話のつづき
このコン人生は豊かだだなと思うとき

 


えーっと、ひとことで言うと

お金でも、パートナーシップでも

子育てでも、なんでもいいんだけど

困ったとき。

ああ、どうしよう助けて。って

言える相手が

「ぱっと浮かんでこない」ときって

人はとっても途方に暮れて

孤独感を感じてしまうよね。

というお話。

お母さんと子どもの

自己肯定感が高いとか低いとか

なんとかしなくちゃ。

みたいなお話って

昨今たくさんあるけれども

でも、むりにでも

ポジティブに生きようぜ!とか

ガッツで行こうぜ!とか

そんな

たいそう苦しいお話ではなく

自分を大事にしようよ。

という目線から見たとき

私たちがやりたいことをやらない。

やりたいことをやめる。

会いたい人に会わない。

だって○○だもん、って

そういうとき。

いろんな理由をつけるけれど

「助けてって言えない」のと

根っこはおんなじ気がします。

辛い人は、言ってみよう。

助けて!って。

ってお話でした。

今日は

でも、言えない。

っていう人に向けたお話。

まわりの人を

信用できなかったり

劣っている気持ちになって

恥ずかしかったり

いろんな理由があると思う。

そのとき、

よくあるのは

私の努力が足りない。とか

私が本気じゃないから。とか

私、まだ大丈夫だから。とか

私、お金も人脈もないから。。。とか

そういうオチにするのは

ぼちぼちやめて見て。

多くの場合、

努力が足りなかったからでも

本気度が足りなかったからでも、

お金や人脈が足りなかったから

でもありません。

あなたに価値がないから

でもないです。

その理由は、

すっごいシンプル。

「自分をオープンにできなかったから」

それだけ。

ああ、私、怖くて

言えなかった。

それだけ。

理由はいらないの。

自分がオープンに

望んだことが得られなかったら

その方が怖いですよね。

確かに。

本気で取り組んでも

うまくいかない。

そんなダサいところを見られたくない

うまくいっている人を

くそー!!って見ている

黒い自分を見るのが

嫌だって人もいます。

だから

なんとなく本気じゃないわ。とか

自分が足りないせいで。みたいな

表面的に終わらせたほうがマシ

なんて思ってませんか?

でね、

そんなあなたに

全力で揺さぶりを

かけてくる人たちがいます。

それが子ども。

皆さんの目の前にいる

お子さんです。

失敗も怖くないし

そもそもできないことだらけだから

チャレンジしかないし

やってみたくてたまらない。

そんな塊の人

それが子どもです。

とってもオープン。

だから、子育ては

自分をオープンにすることを知ると

ラクになるんです。

自分を隠していると

ホントは自分が持っているはずの

そのパワーが使えないからね。

そして親として

その子をそのまま延ばしてあげたい

顔色を見るのではなく

自分の意見が言える子に。

と願うなら

やっぱりオープンな

親の姿を見せてあげたい

仕事でもパートナーシップでも

ライフワークでも、

上辺だけの「好き」ってところで

馴染んだように生きている方が

よっぽど「楽」です。

でも、わが子の

本気の「本気ややりたいや、好き」の表現に

ぽわ~んとしたら

ひと目を気にするとか

教育的にとか

四の五の言ってないで

怖くても、うまくいかなくても、嫌われても、

とりあえず「あはははそうだ!!!」って

子どもと笑ってみて。

自分をさらけ出して生きましょうね^^

難しいこと抜きで

そうだね。

アハハハ

くらいからなら出来そうじゃない?

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【個別相談の感想】 お母さんのいろんな思いを大事にしていく育児をこ

  • やってはいけない!?知性を伸ばしたいお母さんのOK? NG?な関わり方

  • 東京は小学お受験の始まり。 みなさまベストを尽くされましように。

  • 季節を感じる毎日の生活から、好奇心を育てるには

  • 敏感期ってなあに?(その2)いつ・どんなものがあるの?

  • Instagramだからかける 【お母さんの】モンテッソーリって?