1. TOP
  2. モンテッソーリ
  3. 失敗を許したくても許せないときもあるよね。

失敗を許したくても許せないときもあるよね。

 2019/06/27 モンテッソーリ 育児のコツ 自分らしい育児   204 Views

365日お母さんができる
モンテッソーリ・ホームレッスン
菅原陵子(りょうこ先生)です

今日は朝からたくさんの大人の

失敗のお話を聞いていたので

失敗のお話をおひとつ。

子育てをしていると

失敗してもいいんだよ

間違ってもいいんだよ

そこから学ぶんだもん。

って、よく耳にしませんか?

失敗を認められてこそ大人。

美徳。みたいな。

まあ、そうだよね。

って思います。

(みなさんはどうですか?)

そしてモンテッソーリ教育では

子どもが自分で

自分の間違いに気がつく仕掛けが

お道具(教具)にちゃんと仕込まれています。


そう。

間違いを自分で気づいて

自分で直していくのは大事。

大事なセオリーです。

でもね

それができるのは

道具と場が限られていることが

ほとんどなんじゃないのかな⁉?

とも思っています。

だから微笑ましく見ていられる。

問題はこっち。

毎日の生活で起きる。

失敗や間違い。

ざわつく事件です。

たとえば。

私がモーレツに

これはどうしたらいいのだ!!

と悩んだ事件をご紹介。

それは

主人の実家に住んでいたころの夕飯の話。

実家ぐらしのさわりの話は

昨日ご紹介したズボ連の記事をどうぞ。

(読んだら戻ってくださいね)

今日ご紹介する事件は

義理の母が作ったメインの肉料理を

当時3歳だった子どもが

意気揚々と食卓に運んでいる

ときに起きました。

ニコニコしながら運ぶ彼を

おじいちゃんもニコニコ見ていたのですが

事件は突然起きました。

ボトッ!!

ムスコはテーブルの少し手前で

お皿を落としてしまったのです!!

ほんとうにボトッ!!と

本人は

え?何が起こったの?という感じ。

玉を拾いそこねた野球少年みたいな

へ?!という顔をしました。

私は、あ!!

おじいちゃんは、

あ!!→瞬時にイライラモード

そう、おじいちゃんは、肉が大好きで

毎日食卓にどっかりと肉があることが

何より大事です。

それが目の前で

落っことされてしまった。。。。

瞬時に

孫と肉が天秤にかけられました。

嫁の私としては、確実にまずい状況です。

私も瞬時に、超マッハで、いろいろ考えました。

この場をどうやったら

うまく収められるか???

嫁的には、超一大事。

* * * * * 

落とした子どもが悪いのか?

→イヤ、それは違うな。

子どもは、純粋に手伝いたい気持ちでしかない。

カラダも小さい。

怒っても仕方ないくらいあり得ること

子どもに皿を渡した祖母が悪いのか

→いや、それも。。。

渡したってことはOKって思ってたよね。

(私も思ってた)

そして、場を収めるのはおそらく祖母

じゃあ、さっそうと立ってサポートしなかった私が悪いか

→んー・・・そう言われましても。。。。

そこでイラつくじいさまよ。

大人げないぜ

→・・・・・。私の口からはとても言えない。



ああ、今思い出しても

とっても緊張します。この事件。

なんせ、その夜の食事の時間以降の平和がかかっています。。。

さて、私はどうしたでしょう?

あなたならどうしますか?

つづく。

(すみません。

長くなったのと緊張で進めません・笑)

多くの事件は、

こんないろんな天秤の中で起きていきます。

そんな失敗・間違いとどう付き合うの?

はまた次回!

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【受講生の変化から】今日はお祝い!! 〜私、ようやく子どものニーズを聞けるフェーズになりました〜

  • 【受講者の変化】 自分を抑えて良い母になろうともがくのではなく、自分も子どもも大事にできる

  • 夫への愛情と○○は比例する。と思ったときは!?

  • 「自分で決める」のすごいチカラ

  • みんなもすなるABD 『学習する学校』レビューとモンテッソーリ

  • やってみたら私もたのしくなってきた!!の声 続出
    「おうちモンテッソーリ」Special Book