1. TOP
  2. 個別相談の声
  3. 【個別相談の声】自己肯定感が低い親から、自己肯定感が高い子は育ちません。

【個別相談の声】自己肯定感が低い親から、自己肯定感が高い子は育ちません。

 2018/10/10 個別相談の声   268 Views
2018年10月10日

お母さんが伸ばす好奇心
おうちモンテッソーリ
菅原陵子(りょうこ先生)です



Kさんのお話 今日もまた。

2つ目のお話を読まれた皆さん

(2つ目のお話はこちら)

ご自身のときに「私に余裕が無いからなんだよね〜。

余裕があるときはできるんだけどね〜。仕方ないか〜」で

終わらせていませんか??

それ、変われるのに変わらない選択をしているんです。


さて、Kさんのお話3つ目。ラストです

ちなみに
(1つ目のお話はこちら)



みなさんに「どんな子になってほしい?」とお聞きすると、

数年前までは、

「アタマのいい子に」「○○できる子に」なんてのが主流でした。

今は、

自己肯定感が高い子になってほしい

自分の人生を自分で切り開く子

協調性をもち、自分のことは言える子に。


という方が多いように思います。


でも、お母さんが自己肯定感高いですか?

と聞くと、「私は全然ダメです」

といいます。

だからわが子には・・・・・って。



データでも、
日本って、自己肯定感がとーっても低い国。



     * 内閣府資料をお借りしました


ちなみに、

自己肯定感とか、自尊感情が高いって、

自分勝手とも違うんです。

モンテッソーリ的私の解釈としては

自分がきちんと自立していて

初めて自律する事ができるのですが、

ここ、一緒くたにしていたり、

自己肯定感高いです。といいながら、

勝手な大人も沢山います。



低いのも、勝手なのも、それ、そのま〜んま子どもに影響します。

褒めたくらいで、自分ができるなんてなりません。

もっと内側の気持ちだからです。

Kさんは、そこに向き合う決意をしました。
③生い立ちのこと

私は小さい頃から鎧というか
人と壁を作って生きてきています。
これは、自分で認めているのですが変えられず、
この部分が私の全ての行動にマイナスになります。


育児、主人との関係性が悪くなってから、
ここ2、3年ずっとモヤモヤしてきた私が
この半年ほどの間で
「私を変えたい」という思いになりつつありました。


それは、自分に原因があること、
その原因は今の目先のことではなく
昔から心にひっかっかている根底の部分を
取り払わないと変えられないことに気づき初めていたからだと思います。
でもそれをどう吐き出せばいいかわからず、
ずっとモヤモヤしていました。


先生とお話しした翌日、
私はびっくりするほど穏やかになりました。
私は誰かに話したかったし
受け止めてもらいたいんだと思いました。

吐き出す場が私には必要だったんだ
ということも気づきました。


自分の弱みを人に言えず、
いつもよく見せようとしてきました。


言葉で「私はできないから」と相手に自分のダメなことを伝えても「どうせ言っているだけで、本当はできる癖に」と心で思われていると思うと相手を信用できず、女子同士の会話に本音なんてないと思って生きてきました。


その一方で男性の方が本音が言える
(過去のおつきあいした男性には全てをさらけだせていたので自分の居場所があった)
が、主人には全くそれができない。
私の居場所がなくなりました。


出産して専業主婦になり、社会との接点もなくなり、
とても寂しかったんだと思います。

私は自分も、子育ても、家族関係も変わりたいと思っています。
これからの4ヶ月、どうぞよろしくお願いします。
アンケートは別途送らせていただきます。



人は、決めたら変わります。

「私は出来ないから、子どもには・・・」というより

まず我から始めよ・だと思いますよウインク


おうちでMother モンテッソーリ
 →個別相談 詳細はこちらから



❤あなたの子どもが 好奇心&レジリエンスを持った子になる!
【学力&自己肯定感&好奇心】をつくるお母さんの学び 
10月16日 第3期【募集】スタート
おうちでMother モンテッソーリ
→詳細はこちらから

<何ができるの?どういいの?>
シュタイナー、モンテッソーリ、お受験、くもん、七田式etc. 世の中にはたくさんの教育メソッドがあります。
一方で育児にもブームがあります。
今は【自分の力で生きていく力をつける&自己肯定感が高い子をそだてたい】が主流。
勉強だけではない気がするけれど、勉強もできないと困る。そんな思いはありませんか?
それはメソッドでは育てられません。
子どもが育つ環境と、体験と、言語力がすべて。
だからこそ、子どもとずっと一緒にいる、お母さんの出番です!

10歳までつかえる【育児の軸】と思春期で話せるオヤコになる講座。


*自分で生きる力は小学校で伸びる子、中学受験で成功する子、考える力のある子、そして自己肯定感が高い子に育てるなども含まれます
【子どもを伸ばす】お母さんのモンテッソーリ入門書
好評・無料配布中 & メルマガ登録
「おうちモンテッソーリ」
Special Book

→こちらからダウンロード
モンテッソーリのメソッドを使って
世界基準の好奇心を伸ばす。
【お母さんのポイント】をご紹介 
<スマートフォンでサクサク読めるPDF版>

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自分のペースで。という大人の成長は、やっぱり遅い!?

  • 知るんじゃなくて、「できる」こそ意味ある&スタートです

  • 【個別相談の感想】 結局自分がどうしたいのか。それが大事なのだと気づきました

  • 【個別相談の感想】モンテッソーリを学んでも、活かせているとも思えず、個別相談へ申し込み

  • 【わかっているのにできない】はわかってないのと同じ。○○な鉄砲育児

  • 【感想】個別相談を受けてすぐ、親子の会話が変わりました