1. TOP
  2. お母さん講座のご案内
  3. リアルな実例で。「お母さんが自分を好きって大事だよ」から、自分を好きだという息子との会話

リアルな実例で。「お母さんが自分を好きって大事だよ」から、自分を好きだという息子との会話

 2020/01/22 お母さん講座のご案内 夫婦関係 自分らしい育児   370 Views

365日
お母さんがおうちでできる
モンテッソーリ・ホームレッスン
菅原陵子(りょうこ先生)です。
 

昨日メルマガで書いたお話のつづき。

メルマガ読んでないわよ!

という方は登録していただきたいのですが

(こちらね→https://home-monte.com/merumaga-t


かいつまんでいうと。

ばなな先生という

「お母さんが自分を好きって大事だよ」

と、まっすぐなメッセージを語る先生にお会いして

触発されて家に帰り、

息子に「自分を好き?」って聞いたら

「好きだよ」とのこと。

でも、お母さんがそういうのを聞いてくるって

なんかあるよね。

と息子に返されてからのお話。



* * * * *


むむむ。といいながら、

ばなな先生と話したことを話し

こんなにさ~、訓練(?)をさ

人よりいろいろして、自分を見ている私もさ~、

ついさ~、言っちゃうこともあるよね~・・・

なんて話を。


(うんうん、と息子・・・・苦笑)のあとの続いたお話。




話したのは中学受験の息子に対して。

上に上がれる私立の小学校から、

自分のしたいことがあるから受験をしたい。という息子。



で、そんな子どもに

一切口を出さないですね。と

塾も、教育関係者もびっくりされるわたしの姿と

自分ですべて管理して、この一年勉強してきた息子。


受験に限らず、

幼稚園の頃からずーっと

自分の中にあるものを言葉にするのが大事と思っているので

ときに、話を聞き、

ときに、何に詰まっているのか、言葉にするのを手伝い

やって来たわけですが

それでも、やっぱりヤキモキすることはある私。



あるのです。親なので。

それを「あ~ま~ね~」という息子の言葉で

やっぱりうるさいんだな。と思った(解釈した)私。



だから、昨日は、わたしの中にあることをお話しました。

私と彼の境界線を引きたかったのかもしれないです。


* * * * *  

私は、あなたがどんな学校に入ってもいいと思っている。

「自分らしい」に向かっているのはすごいと思っている。

でもね、

私とあなたの勉強のスタイルは違う。

その違いが、私的には

「あとちょっとここやったら、かわるのにな」って思うことがある。

もちろん、私も、アナタの年齢のときにはわからなかった。


中学高校で知ったこと。

でも、今あなたに、それを教えてあげられたら、

もしかしてより確実に進めるのではないか

って思ってしまうんだよね。きっと。




っていうか、

私はあなたが入りたい学校に入る。と思っているけれども

もしかして、落ちちゃったら。って思うこともある。

そのときに、もし、あのとき私が教えていたら。

と自分が思うかもしれないな。って思うと

ヤキモキするんだよね。





息子の返事は

「ああ、わかった。

 それはお母さんの中にあるものね。

 お母さんの気持ね。

 でも、僕はできると思っているよ」でした。





基本的に、私は話を聞く訓練をしている大人です。


訓練をしていると何がいいかと言うと

「よそのうちに遊びに行くと、お母さんがあれこれうるさい。

 なんであんなに指示を出してくるんだ?」

と疑問に思うわが子達が育ちます。

ええ、自立しています。





子どものお友達が遊びに来ても

「〇〇ちゃん(くん)のお母さん=私は、

 私(=子ども)の言葉の話を聞いてくれる。

 なんか、とっても考えた」って帰ってから

お母さんに言うことが多いようで

うちに私(=りょう子)と話したいから来る。と言う子もいる。




なんていうか、

わたしの役割は安全基地みたいな感じだな。と思っています。



それは、私が先生だからというのもありますが、

「そうありたいな」という子育てをする

親であるために、大人であるために

自分がどんな世界で物を見ているのか

相手がどんな世界でものを見ているのか。

[【ちゃんと聞く】をしたいと思っています。

(その方が、私が幸せだからね)





で。
そんな私でも、子どもにアレやコレや言うときはある。

親だから。


昨日は、わかったような親ではなくて、

わたしの中にあるものを出す番でした。

もうすでに、自分と親を含めた他の人との


境界線がはっきりしている年齢の息子と

互いの中にあるものを話して

違いを感じたり、話せたことで安心したり。

そういう時間が愛しいように思います。




そんな時間は、ある日突然はつくれない。

モンテッソーリ・ホームレッスンでは

0歳から10歳まで、親子のベースを作っていきます。





====只今7期募集中。
2月開講の
モンテッソーリ・ホームレッスンの講座7期

詳しくはこちら
https://home-monte.com/2020-2entry/


お一人お一人、個別の育児相談後にご案内します。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8c760c00549970

子どもが自分の意見と世界を持つことと
それが親の意見と違っても、いい。ただ「違う」だけ。
寂しいのとはちょっと違う。と私は思います。

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【募集】10歳までの子どもの心・知育・夫婦関係を学ぶ  お母さんのモンテッソーリ・ホームレッスン 7期

  • 答えばっかり求めてないで、自分に聞きなさいよ!のドラマ

  • 【受講者の声】自分が変わると子どもが変わる。と今は信じている

  • 【子どもの能力を引き出す会話】 宿題をしない子が、親が怒らずともするようになった!?

  • 【開催報告】年内最後のホームスタディ 6回目は深い気づきの回でした

  • 【考える教育】はじめの一歩