1. TOP
  2. 未分類
  3. フランスだより「お母さんが出かけることの罪悪感」は日本独特?

フランスだより「お母さんが出かけることの罪悪感」は日本独特?

 2018/08/13 未分類   838 Views
2018年08月13日

おうちでできる&ママができる
モンテッソーリ・ホームスタディの 
菅原陵子(りょうこ先生)です。



久しぶりの更新になりました。

1週間前にフランスから帰ってきて

私が出かける前に合宿に出かけていた子どもたちと2週間ぶりにあい

おたがいの報告をしたり

夏休みのはじめにしておきたいことを楽しんでいました。



私は、たまに自分の勉強で海外に行きます。

国内で泊まりの学びのときもあります。

お母さんは

「子どもが小さいのに、いいの?」は

日本にいると言われます。


海外では、みんなそんな感じなので

「たまに子どものこと考えて集中しないときもあるよね〜」

くらいのかんじ。


お子さんいくつ?と聞かれて答えると

「ああ、まだ小さいのね」で終わりです。

なんていうか、

心地よいというか、気持ちがラク。

と思いました。


日本と同じ会話の展開を、無意識に持っていて

「お母さん、こんなところ居ていいの?」

と言われる気持ちになっていた自分に気づき、苦笑しました^^


一緒だった、人たち。外ごはんの一枚です


日本では、お母さんが働いていたり、夜に外出したりを

する・しない、あるいはしたとしても、その後ろには


私がいなかったら・・・・

私が働いているせいで・・・・

子どもと過ごす時間がないので・・・

という罪悪感があるように思います。


カウンセラーとして、ファミリーコンサルタントとしてお話すると

お母さんって、たくさんの罪悪感を持ちがちですが

でも、それ本当にまずいかどうかはわからないですよね。

という視点から。

それでも、私にもあったんだなあ。と思ったのです。



さて。

夏のフランスははじめてだったのですが、

エアコンがなくてびっくり





* * *



帰ってきて、いくつかの個別相談をお受けしていました。

夏もまだまだ受けていますよ。

お申込みはこちらから

お問い合わせ・お申込みはこちら



ちなみに、お母さんの学び初めはこちらからどうぞ。




「おうちモンテッソーリ」Special Bookってなに?
という方はこちらから
ぜひ、ダウンロードしてみてくださいね。

→ ダウンロードはコチラから
(PDFでお届けします。スマートフォンでサクサク読めます)


ご好評につき、ダウンロード延長中。

ではでは

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【企業での研修】Adobeさんのワーキングペアレンツさんで【子育て航海術】をしました

  • あなたの【育児の軸】を持つということ

  • フランスだより2 体験って、思ったよりむずかしい?!

  • 【個別相談より】お母さんが頑張っているつもりでも、意味のないもの、それは・・・

  • 育児に必要なのは、子どもの成長の知識と 大人の〇〇!

  • <募集>お金に困らない教育&資金のため方1st.STEP 【ママのための経済学】