1. TOP
  2. お受験
  3. 教育は、選び直しが難しい買い物です

教育は、選び直しが難しい買い物です

今日はどんな一日でしたか?

私はお受験の相談に

いらしたお母様とお会いしていました。




そして、とても大きな区切りの日だったので

今日は【教育は買い物なんです】というお話。



東京は、11月の考査に向けて

学校選びも大詰めな時期になってきました。




学校選びってどこに注目するの?

学校に求めていいこと-ダメなことってなあに?



幼稚園受験と小学校受験の違いは?



小学校の偏差値的なものさしと

将来(大学進学など)はどう関連するの?




親世代の勉強ができるのと、

AI時代に生き残る教育はどう違っているの?



その違いを、親はどこを気をつけて子どもと

過ごしていったらたらいいの?



そもそもうちの子にあっている学校って

どんなところですか?




という、あらためて気になる質問に

ゆっくり答えながら、

ご家庭の大事にしていることを言葉にしていきました。



質問が多いとき

=皆さんから見たら疑問が多いときは

自分の中の大事なものが

言葉になっていないことが多いです。



で。

学校の選択=子育ての選択は

いろんな価値観の中で迫られますよね。


それは、選んでいかなくてはならないってことです。



そのときに必要なのは

「いい学校ってなんだろう」を自分の言葉にしておくこと。


しかも

できるだけ具体的にしておくこと。



偏差値が高くて~とか

伝統があって~とか

カトリックで~とかのレベルではなく。



いい学校というのは

結局は「その人の価値観」で決まっていくから

もっともっと具体的に言葉にすることが大切です。




たとえば、何かを買ったとき

みんながいいというから。と買ったけれど、なんか違うな。

と思った経験はないですか?




教育も買い物とおんなじ。

ただ、途中で捨てることも

やめることも難しいから

お受験前に言葉にしていきます。




これは、公立校であってもおんなじです。





で。

お母様とお話する中で、

びっくりなお話が飛び出しました。




個別相談でお話しているとたまに

お母さまの紹介?立ち話?で

「すごくいいと言われたので」といらっしゃる方がいます。



ただ、お会いした一番最初に

先生(=私)評判を聞いたので。と言う方はほとんどいなくて

たいていは相談が終わってから切り出されます。

もしくは、ずーっと後になって

聞く場合もあります。




ワタシ的には、お一人おひとり

1球入魂でお会いするので

いらしたきっかけがどんなであっても変わらないのですが

まあ、評判が共有されているということに

どっきりすることはあります^^





今日がまさにそんな日で

最後の最後に

そういえば、1年くらい前に

先生のところにお受験のお母様がいらしたと思いますが・・・。

というお話になりました。





それは私の記憶にも

鮮明に残っているお母さまでした。

なぜなら・・・・。





「ああ、あと少しで

この親子は壊れてしまうかもな・・・」

と思って、ずっしりとした気持ちになり


私が1年経ってなお、忘れられないほど

かなり厳しめなお話をしたご家庭のお母さまでした。



今どうされているかというと

無事に志望の学校に入ったとのこと。

(よかった)




「先生(=私)の個別相談で話したり、ワークをしたことで

合格できた。あれがすごかった。

個別相談を受けていなかったら

何をしたいのか見失ったまま、だめになっていたと思う。

と話されていたそうです。





1年経ってなお

ときどき思い出すご家庭だったので

それ、直接私にいってほしい~~~。とも思いましたが^^

今日やっと気持ちの区切りがつきました。




お受験は、子どもを見よう

子どもを知ろう。

子どもと育とう。と思ったら

とってもいいものです。




でも、

合格しなくっちゃ!!!

という目的がゴールになると怖いものになります。





今、最後の選択のときに

言葉にならない思いがある方は

お声がけくださいね。

(最近の個別相談は、ずっとぐっと やさしめ、です^^)

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 9歳では遅すぎる!? お母さまの習慣が作った悩みはとっても深刻

  • ホームスタディ 2期修了【全然見える世界が違う】自分の育児を見つけた4ヶ月

  • 「好きなことをして生きる」を教えられない大人たち

  • ストップ恨み節! 痛いなら未来をつくる会話にするのがコツ

  • 夫への愛情と○○は比例する。と思ったときは!?

  • 知るんじゃなくて、「できる」こそ意味ある&スタートです