1. TOP
  2. 夫婦関係
  3. 夫婦の愛情が足りないシンドローム(症候群)

夫婦の愛情が足りないシンドローム(症候群)

 2019/06/18 夫婦関係 自分らしい育児   211 Views

365日お母さんができる
モンテッソーリ・ホームレッスン
菅原陵子(りょうこ先生)です

ここしばらく

夫婦のいろんな話を聞いていたので

今日は、ちょっと夫婦のお話。



ご家族のサポートをさせていただく中で

お母さまにとって

旦那さんとの関係は結構大事

と思っているワタクシ。



いえいえ。結構どころか

夫婦仲が満たされたら

子育ては円満なんじゃないか。

とさえ思っています。



各ご家庭の育児をうかがう個別相談では

思い出したように不満の話が出てくる

旦那さんのこと。



夫は別にいいんです。とか

セックスなんてもう考えられないとか

ワンオペなんで。とか

アレヤコレヤ。



でも、長く関わっていると

セックスレスが解消しました。

という話から

夫と初めて

深い話ができるようになりました。

夫の顔色を伺わなくなりました。

頼み事ができるようになりました。

となってくる方がたくさんいます。




ええ。

そこがワタシの腕の見せどころ。仕事の一つです。




じゃあ、

そんなお前は器用なのか!?

と言われると不器用な私でありますが

いくつもの心の学びを重ね

いくつもの(カップルに起こりうる)嵐を

乗り越えて年輪を重ね、少しだけ賢くなったので

それを伝授したいと思います。




そう。わが家の実例のお話。


子どもたちが大きくなってくると

習い事や塾や、行事やお友達づきあいなど

それぞれ週末の予定があって

そして、子どもたちが一人で行くほどには

まだ大きくなかったり、はじめての場だったりすると

夫婦が分担して、どうする?

という話になっていきます。

要するに

家族みんなが
なんか、めちゃ忙しい。



これは、子どもが小さいと

お受験のご家庭などもそうですよね。



子どもが大きくなると、

大人のモチベーションだけでなく

子どものやる気の影響力も大きいです。




で。

やる気のある子どもたち。

もちろん応援したい私たち。

全然いい。



で。

子どもに私以上に入れ込んで

子どもの送り迎えをしたり

休みの日も子どもと一緒にご飯を作ったり

平日も自分が好きな家事(洗濯と味噌汁作り)を

ずっとずっと頑張る夫。

*うちは、夫が家事をよくする家です。

それもいい。



子どもとの時間を

こんなにも楽しみながら、

一緒にできるなんて素晴らしいこと。

しかしここで!!

予期せぬ、思わぬ気持ちが私に起こる。

わき起こるのです。

わたし、おっさんか?? 

という気持ちが・・・




* * * *

お母さんが子どものことに関心が行きすぎて

夫をないがしろというか、無関心というか、ほっときすぎて

お父さんさみしい。

っていうのはときどき聞く話。

ぼくはお金だけ持ってきてくれればそれでいい。

という存在なのかとさみしくなる。

逆バージョンが訪れて、

あまりに私に無関心な夫に、心がざわめく。という。。。

なんなの私?と思いながら言葉を探していくと、

この一言が言いたいな。と思い至ります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ちょっと、夫よ!!

私に対して

愛情が足りなくないか?

(つづく)

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【開催報告】年内最後のホームスタディ 6回目は深い気づきの回でした

  • ”モンテッソーリが伸ばすチカラと【お母さんだから】できること”

  • 「自分で決める」のすごいチカラ

  • 【子どもの能力を引き出す会話 2】 子どもがもっている答えを、活かすも殺すも大人!?

  • 【思いがけない報告】母が、どっしりまっすぐ娘を見るの、大事なんですねー。

  • 教具がなくても、提示ができなくても、子どもは変わりますよ。