1. TOP
  2. 対話&考える教育
  3. 浄水場=水道水。よくできた仕組みだけど、もやる・・・。

浄水場=水道水。よくできた仕組みだけど、もやる・・・。




子どもが学校で浄水場について習って
帰ってきてこう言いました。


 

浄水場って、すごいね。だけど・・・

 
 
このだけど、にはいろんな疑問が含まれていました。



・水って、川の水から取るんだね。

・ゴミがいっぱい。あの水を・・・(実感)

・あの水を飲めるようにするって、すごい。

 
 
仕組みはすごい。だけど・・・・。
って感じでした。
 
 
 

水道水ができるまでの仕組みは?

 


ちなみに、学校で習った、水道の仕組みはこれ。 
 

(図は、宝塚市のHPからお借りしました)

 

もとになる水は、ダムや川から取るようです。

 
水を運ぶ問題があるから、山にというより、
街の近くに浄水場はあります。
 


そしてとった水に薬品を入れて飲むことができる水にする
という仕組み(習ったこと)


で、親子で思ったのは何かというと・・・
  ↓ ↓ ↓

あの水(川)がこうなる(水道)?

 

・仕組みはすごい

・でも元が川か・・・あれか(元の水の問題)

・薬品を入れるのか。。。そりゃそうかも。だけどなんか・・・

 
 
みたいな感じでした。 




働く人への感謝とか、行政のお仕事の敬意とか
考えられた仕組みへの安心感とか、
そういうも、もちろんあるんですけど
 


肌で感じる、え・・・・。

という気持ちもあったのです。

 

文句があるなら、じゃあ、どこから水を取るのよ。
と言われたら、もちろんわからないんですよ。
 


たくさんの人が考えた
ベストなのだと思うんです。
すごいとも思っているんです。
 


でも、同じように
でもさー・・・・っていう気持ちもある。

 
ここで一つの疑問がわきます

安全ってなんだ?

 

たとえるなら、汚れた手を殺菌消毒したから大丈夫
と言われても、
 
 
でもさ、消毒液はあるよね。
とか
除菌されたあとの死がいとか物理的な汚れは?
って思うのにている感じです。
 



だから浄水器なんだな。。。って思ったのでした。
 



 
前に、環境について活動している方から
安くてもいいから浄水器をつけたほうがいいよ。
という話を聞いたことがあって、
 

 
それは
行政がなにかをしてくれるのを待つとか
ぜんぶをそこに求めるのともちょっと違い 


自分でできること
そして、
この肌で感じる微妙な気持ちに対しても
1つの解決策になると思う。
 
 


===========
実録:水を変えてみる。わが家の浄水器生活
===========

ちなみに、わが家の新しい浄水器(19,800円)
(うちは手始めに、シャワーヘッドを交換)
使って2日目、

髪の毛がさらにしっかりしてきました。
 


で、
お風呂にもこの浄水を入れて。と説明があったので
混ぜてみました。


娘には浄水を入れたことは黙っていたのですが
入浴した娘が開口一番。

 

「なにこれ?
今日のお風呂の水
軽くて気持ちがいいね」と歓声。

 
え?ほんと??!!
入ってみて、私もそう感じました。
肌当たりが柔らかい感じがします

 


足しただけなのに
気づくくらいの変化ってすごいな。。。と。

 


実は
浴槽に足して使うといいよ。と聞いたとき
自動でお湯が溜まるのに、足すのめんどくさ。
とか思っていたのですが、 

手間は、シャワーを浴槽に入れるだけだし

 

この気持ちよさ。
やる価値あるな。と言う感じ。

 

 

安心とか言われると、ええ〜、なに意識高い系?
みたいにハードルが高く感じるけれど
気持ち良いってのはとてもうれしい。

 

↓これですこれ。(ピンクの部分ね)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 431b7afc26d70ef246f2ba611007a18c.png
おかざき真里さんの「かしましめし」1巻よりお借りしました


意識高く問題解決というより

くらしの心地よさが、
エコだったり、いいことだったりしたら
うれしい。そんな幸せ

(でも、小さくて、確実な幸せ) 



*使っている浄水器、シャワーヘッドが気になる方は、
ご紹介するのでメッセくださいね。お気軽に

(info@home-monte.com)

購入した浄水器の決め手はこちら

https://home-monte.com/jiyukenkyu-mizu-quarity/

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ペットボトルは安全ではない?!疑惑

  • 国語ができない、が”できるようになる”ひも解き方

  • 水を守る責任は、国だけではなくて個人にもある

  • 水道が文明開花だった時代(つい30年前)の話

  • くらしの中から知性を作る&伸ばす モンテ的自由研究

  • 水道水と安全。子どもを守るために安全の考え方の違いを言葉にしてみる(その1)