1. TOP
  2. 個別相談の声
  3. 【個別相談の感想】 結局自分がどうしたいのか。それが大事なのだと気づきました

【個別相談の感想】 結局自分がどうしたいのか。それが大事なのだと気づきました

 2018/09/19 個別相談の声 自分らしい育児   515 Views
2018年09月19日

お家でできる&ママができる
モンテッソーリ@ホームの
菅原陵子(りょうこ先生)です



今日も個別相談でのお話。

遠く岡山からいらしてくださったKさん


Kさんはご両親と同居されていることもあり

家族の多い育児のよさもありますが

ときに自分たちより上の人がいることの

ジレンマも感じていらっしゃいました。


子どもを育てていると

「私が子どもの頃、○○されて嫌だった」ことも

「○○だったのが良かった」両方の思いが出てくると思います。



ワンオペ育児のよさは、視点を変えると

自分たち夫婦で「自分たちが親になって」どうするかを選べること

(選べるんですよ)



で、両親など家族の多いことは、視点を変えると

「意見が多いこと」



育児って、結局どちらも揺さぶられるんです。

人手があってもなくても。

お世話をするのが大変、みたいな物理的なところではなくて

どういう家族になって、どういう子育てをしたいのか

=結局あなたが大切にしているのはなにか?

という揺さぶりがかかります。



育児書を読んでもわからないことは

一人ひとりの持つ背景があるからです。


Kさんはいろいろな本を読んでいらっしゃる方でした。

でも、個別相談でお話する中で、問題はそこじゃないんだ。に気づかれます。

Kさんが感じた大事なところ

見てみてくださいね



1:何に惹かれて、あるいは
どんなことを知りたいor解決されたくて
お申込みされましたか


1)申し込もうと思ったきっかけを教えてください


子供に自立してもらいたい!と思い、
何かきっかけが欲しくて、申し込みました。


2)個別相談に期待していたことはなんですか

子供の好奇心をどうやって伸ばしていけるか、
子供の根っこの部分を育てる話を聞きたい。
どんな風に子供たちを見守ればいいのか、知りたいと
思っていました。


3)参加してみて、一番良かったことや気づきはなんですか?

子供のために、と思い、
育児書を読んで、頑張っているつもりでしたが、
そんなことよりも、結局子育てとは自分自身の生き方が反映されるものだと気付かされました。
表面的な事ばかり見て、深く追求して考えなかったからだと反省しています。
「なぜ?」と自分自身に問いかけ、時には子供と一緒に考える必要がありそうです。
「なぜ?」を追及して、子供の腑に落ちるところまで落とし込むと子供は自分から動き始めると思いました。



4)お悩みの解決は見つかりましたか?
あるいは、今後役に立ちそうだと思ったことはなんですか?

菅原さんに自分自身で気が付いていなかったことを指摘されたり、難しいけど、解決の糸口になるような役に立つアドバイスをいただきました。
一人でどれだけ考えても得られることのない貴重アドバイスです。



5)菅原はどんな人でしたか

どんな内容であってもじっくりと話をきいてもらえる大きな器を感じました。
私は初対面でしたが、
抵抗なく普段悩んでいることを話しできました。
とてもお話しやすい方でした。   


6)どんな人におすすめしたいですか

育児書を読んで、頑張ってはいるものの、
「何か違う」と思っている方におすすめしたいです。
一人でどれだけ考えても得られないアドバイスがもらえます。

文章にするのが苦手で、すみません。
個別相談に行ってよかったと心から思っています。
ありがとうございました。


子育ての醍醐味は

子供の揺さぶられながら大人も成長していくこと。

イライラ、モヤモヤは

毎日、こどもに揺さぶられているサインです。



で、個別相談では、必ずどうしたら揺さぶられなくなるのか

改善点を持ち帰ってもらうのですが

ここで、考えてみてくださいね。



何かをするときって実は

1:何をするか→これだと思うまでの試行錯誤の時間

2:これだ!と思ってから試行錯誤する

3:身につけるまでの時間

の3つのステップがあります。


子どもに直接関わるのは2と3

実は1の試行錯誤は、

「子どもとの良い時間をつくりたい、知りたい」という方には

ムダな時間です。


ああだこうだ、我流でやるだけ、時間のロス。

方向を知って、型を知って、やってみるのが大事です。



それに、お母さんのそのムダなまごまごの間に

実は、お子さんは育っています。

育つほど、共育ちのハードルは上がります。



もし、あなたのしたいことが「子どもに最高の環境を作る」でしたら

そのための試行錯誤をしたいのでしたら

ホームスタディはお役に立てます。

自分で悩む・を楽しみたいのであれば独学もおすすめ。



モンテッソーリホームスタディは10月16日開始です。

*ちなみに、11月開講の講座もあります。

■現在 募集中 ■

10月16日開講 
お母さんがおうちでできる モンテッソーリ・ホームスタディ
全8回講座

詳細はこちらから
0〜10歳まで、毎日のオヤコ時間で
最高に子どもを伸ばす母になる、講座です。


 
お一人お一人に合わせた学びを
しっかりサポートする&身につけていただくため
事前に個別相談(無料)をお願いしています
  *  *  *

個別相談は、各ご家庭の育児の癖を見つけるためのものです。



募集中
「お母さんのモンテッソーリ」講座

10月16日(火)開講
お母さんの
モンテッソーリ講座


お申込み受付中です
おとい合わせ・お申込みはこちら

・0歳から10歳まで
学童期になっても伸びる子を作る親子のための
モンテッソーリ・ホームスタディ

1:モンテッソーリ的な育児の仕方
2:子どもを伸ばすために
  かけるべき言葉とタイミング
3:子どもの自己肯定感を高める&
  新しい時代を生きる 
  コーチング&メンタルワーク

3つのノウハウを
知るだけでなくできるまでレッスンします。


*************


・「おうちモンテッソーリ」
Special Book
→ ダウンロードはコチラから
>

(PDFでお届けします。
スマートフォンでサクサク読めます)

ご好評につき、ダウンロード延長中。

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 今求められるのは「自分を見ること」なんじゃないかな。

  • リアルな実例で。「お母さんが自分を好きって大事だよ」から、自分を好きだという息子との会話

  • 知るんじゃなくて、「できる」こそ意味ある&スタートです

  • 3期ママ・モンテッソーリ 講座の最終回。望む育児ができるステージに立ちました

  • お母さんはお邪魔ですか?

  • 【思いがけない報告】母が、どっしりまっすぐ娘を見るの、大事なんですねー。