1. TOP
  2. モンテッソーリ
  3. それは差ですか?個性ですか? 【毎日の生活でひろげる子どもの世界】

それは差ですか?個性ですか? 【毎日の生活でひろげる子どもの世界】

地頭のいい子ってなんだろう?と思ったことはないですか?

 

幼児の垣根を越えて、「学ぶと生きる」を見ていくと、

 

子どもの伸びる。とその差は

毎日の生活から生まれます。

 

 

わかりやすく地頭をはかる指標として

入学テストを置いたら

お受験をみていてもそう。

中学受験もできる子は、毎日の家庭生活が豊かです。

 

======

モンテッソーリ✖子育て心理学で
365日 お母さんができる

モンテッソーリ・ホームレッスン
菅原りょう子(りょう子先生)です 

 

さて、今日はここから。

 

地頭ってなんですか?

 

私は、

幼児教育業界は、脅し業界だなあ。と思うことがあります。

・◯歳までに脳が80%完成してしまいます!

・子どもは何でもできる。だからいろいろさせるべき

・子どもに何かをさせない親は悪。

みたいなことを聞いたり感じたことはないですか?

 

 

 

じゃあ、その業界の人がいう、脳科学的遊び

数のお稽古、リトミック、音楽、くもんetc

それのどこがどう地頭になるのか。

 

 

そもそも地頭って何よ?はわからないなあと焦りませんか?

(これ、おそらく言っている人も知らない。

これを答えられる先生がいたら、その先生はいい先生です)

 

 

 

で。

 

地頭は会話でつくられる。

じゃあ、毎日の会話で地頭が良くなるって
どういうこと?っていうのを
私のやっている、子どものモンテのお教室を例にお話してみますね。
私のモンテのお教室は、
0歳から10歳までのクラスがあります。
小学生のクラスは、
1:自分の見ているものや
  思っていることを表現する
2:自分が見ている世界を、
  パーツでみるのではなくて繋げていく。
そして
3:「考える」ことと「自分の意見をもつ」ことを
   積み重ねながら繋げていくこと
をしています。
とある日のお教室で、こんなことを扱いました。
それは
=======

缶ヅメ

========
はー?って思います??
===
・カンヅメのヅメってどうしてツメ?
・どんな缶詰を食べたことがある?
・どんな料理をして食べた?
・どんな時に食べた?
・じゃあ他にどんな缶詰がある?
====
なんて話を導入にしながら、
この日の表現の課題はコレ。
そして、自分が食べたことがある缶詰や、
こんな缶詰あったらいいなあ。と思うものを描く
なかなか個性が出るんですよ
みなさんならどう声をかけますか?
簡単そうに見えるけれど
表現してもらうときは、
子どもたちの発言を何一つジャッジしないで
拾っては広げていきます。

「あるもの」しか言葉にしない

たとえば、いつも正解を求められていたりすると
意見が言えない子もいます。
だけど、その子は「言えない子」ではないし
言わないことが悪くもなくて、その後にあるものを聞く
空想に行く子も、
ロジカルでもオッケー。
表現が拙くてもオッケー。
人と違ったポイントがあってもオッケー。
何でもOKにしながらすすめる。
子どもたちの反応は素直だし、
わかりにくかったら、クリーンに聞けばいい。
誰かが誰かを厳しく突っ込んだら、
やっぱり少し分かるように紐解く問いをしてあげる。
そんなことから少しづつしていきます。

家庭で培う子どものチカラ

でね、これ、ご家庭の会話や親子の様子がとても見えるんです。
お受験(=幼児)で行くなら
ご家庭の関わり方や価値観、
それこそ頭が良くなるか変わり方をされているかどうかが、
行動観察に全部見えるのですが
小学生は、それが顕著な差になっていきます。
お教室に長く通う子は、
やっぱりお母さんも引き出し上手。
毎日の生活にちりばられたエッセンスがにじみ出ます。
でてくるものを広げていく。
他の人に質問をしてみる。
純粋にそれぞれが知っていることがつながっていく面白さがある。
この日はついでに、
缶と瓶とペットの違いから
素材や経済みたいな話もしました。
==
何で瓶?
何で缶?
何でペット?
==
==
それぞれの特徴とメリット・デメリット、
作り方、入れるもの、形
運ぶときの便利さ、歴史、
お金、購買欲への影響、プレミアム感etc
====
話せることはゴマンとある。
一人ひとりが毎日の生活で
見たり聞いたりすることがつながっていく。
見ている子は見ているし、見てない子は着眼点を知ったりね。
日常で知っていることから
カンヅメひとつでも
知る世界は広げられるんですよー。
本当の地頭は、これをご家庭で積み重ねていくことで
作られていきます。
=====

モンテッソーリ・ホームレッスン 10期
====

モンテッソーリ・ホームレッスンは

モンテッソーリ教育で培う興味・集中力

ロジカルなチカラ、言語力と表現力etc

中学生以降の育ちにつながるすべてを幼児期から取り組む

 

そして、親子で思春期でもお話ができる家族になる

お母さんのあり方を、自分らしく整えていく講座です。

 

まずは

ご自身のご家庭や育児を振り返る

個別相談(無料)をお受けしています

 

個別相談のお申し込みはこちらから

https://www.agentmail.jp/form/ht/20885/2/

 

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • <募集>THINGiで発見!【ママらしさ&うちらしさ】ワークショップ

  • 【講座レポート】わたし、自分のことをほめてあげたい!!

  • リアルな実例で。「お母さんが自分を好きって大事だよ」から、自分を好きだという息子との会話

  • 3期ママ・モンテッソーリ 講座の最終回。望む育児ができるステージに立ちました

  • あなたの【育児の軸】を持つということ

  • 順番と得意は違っても6歳までの育ちは一緒。個性が違うだけ