1. TOP
  2. 未分類
  3. ”質の高い【親子じかん】のためのモンテッソーリを”

”質の高い【親子じかん】のためのモンテッソーリを”

 2019/01/11 未分類   584 Views
2019年01月11日

”したい子育て”ができる・かなう
おうちdeちゃんと!
ママ・モンテッソーリ
菅原陵子(りょうこ先生)です

昨年、書いた記事が上がってきて、自分で読んで

初心に帰ってしまいました。

カウンセリングをしていると、

相談の方の最初にポロっと出た言葉って、結構大事なんですけど

何事もそうだなあ。。。。と思ってしまいました。



++++

年の初めに、ことしの仕事に対して

湧き上がる思いをゆっくり感じていました。

今年思ったのは、

「新しいスタートを、自分を真ん中に置いて進む」。

言葉にしてみて

私の作りたい世界観と一緒だと思いました。

「育児の軸を作る」

これまでの活動を貫く思い、そして私自身の生き方でもあります。





これまでの

「親子のあり方を整える」を使命に が

ぐっとシャープになりました。

子育ては、いつだって気づいた時がはじめどき。

新しいスタートができます。

でも、自分に軸がないとぐらぐら、ぶらぶら。。。




私が、モンテッソーリ教育をベースに、

親子が共に育っていく世界を作りたいのは

それがずーっと子どもと親子の軸になっていくから、です。




たとえば、こんな感じです。

モンテッソーリ教育の本を読んで

子どもを一人の人として見るってこういうことか!と

啓示を受けたかのようになる方はたくさんいます。

こんな風に育ったら(育てられたら)幸せだな。と

願う方もたくさんいます。

モンテッソーリ教育とのすてきな出会いときっかけです。


メソッド問わず、そういう思いに皆さんなるのだと思います。








でも、

多くの場合はそのあとに

道具(教具)でなにかをさせたらそうなることに注目します。

そして、やってみたけれど

(大人が)思うように熱中しない、やろうとしないと

焦ったり、

次に何をさせればいいのか、と

与えるものを探すことにパワーを使うようになり、

ネットや本を読み漁るようになる方が多いように思います。

私のお教室でも、

子どもの成長より高度な教具を使うことを

望む方もたくさんいらっしゃいます。






でも

教具は子どもにとって環境の一つ。

大人も環境の一つ。

大事なのは関わり方です。

モンテッソーリ教育でなくても

子どもにとって良い関わり方はたくさんあります。


「できること」ではなく「関わり方」

それがポイント!





でも、一般的なモンテッソーリ教育の本では

関わり方はほとんど教えてくれません。

あるいは、関わり方というよりは、

関わるための心持ち、

ノウハウしか教えてくれません。


実践して、自分のものにしていくレベルは

やっぱりなかなか難しい。

だって

ノウハウって、知っただけでは使えないんです。






たとえば

アドラー心理学の本を読んで

イライラしないためには

「自分の問題と人の問題を分けて考える」

と知ってもイライラします。

イライラしないためには、

もう一段、そのためのレッスンが大切。

私はそれをめざしています。




すくすく育つって、ときに憧れ、ときに難しいですしね



そしてもう一つ。

私は、カウンセラーでもあります。

お会いする方には

小学生以降の

不登校や引きこもりのお子さんがいらっしゃるご家族もいます。

幼児期を過ぎて、

子どもの成長の次のタームに入られた方々です。


念のため補足すると、引きこもりや不登校自体は問題じゃないです。

それはおきていることでしかないので)


で、これをお読みになられている方は

お子さんが幼児期の方がほとんどだと思います。

では、お子さんが幼児期の今、

うちの子は引きこもりなんて、ならないわ。

と思いますか?

させないわ?かな。

思春期なんて遠くて考えられないですよね。

幼児期のお子さんのいる大人にとって、

それは他人ごとだと思うかもしれません。




でも、カウンセラーとしての私としては

幼児期の延長に思春期があると思っています。

幼児期を過ぎても、親子はずーっと親子。


U理論はじめ、ビジネスマンがたくさん来る研修にいくと

「いま、子どもが不登校で、

自分が変わらなくてはならないかとここに来た」

「子どもが話をしてくれなくなった」

と話しかけられることがたくさんあります。

皆さん”いいところ”の企業の方です。

お子さんは優秀な学校に入った方も多く、


「うちのこは順調に育ってきたと思ったのに」

皆さんおっしゃいます。




葛藤することだってOKですが


でも、そういう方の場合、

カウンセリングでは

幼児期の家族作りのところまで戻って

やっと変わっていくことが多いです。


積み重ねたオヤコの時間が

いつも、「今」をつくっていくんですね。


今、思春期のお子さんのことで悩まれている方は、

「幼児期はとても順調!」

と思っていらっしゃった方がとても多い。

でも、それは、大人の考える外側の価値観の順調だったりします。

残念ながら、私たち大人は、それしか知らないで育ったので^^

でも、子どもたちが生きる時間は、大人とちょっと違う。

そして、子どもたちは未来をつくっていきます




未来を不安に思っても仕方ありませんが、

未来のために今できることはあります。

それは親子時間をていねいに過ごすこと。

だからこそ、関わり方=親子のありかたを伝えたい。

そこに必要なのは、大人の「育児の軸」です。




モンテッソーリ・ホームスタディは

そんな親子の土台を作る幼児期に

一生もの土台をつくる学びの場です。

あるいは、0歳~10歳までのお子さんに接す

プロの方も使える、

子どもの世界を広げて伸ばす

実践的な知識と見る目、話し方をお伝えします。



道具がたくさん必要な、先生がするモンテッソーリではなく

ご家庭にあるものをつかい

毎日のくらしの中でできる。

子どもの成長にていねいに寄り添っていく

確かなチカラをつける

そんなモンテッソーリ。

働いていても、そうでなくても

親子の質の高い時間をつくることを目指します。





モンテッソーリ・ホームスタディ
2月開講の講座募集中です。
個別相談(無料)おすすめします。

一度、自分の育児を自分で見つめるってのは、

情報検索よりも、発見がありますよ❤



***募集中の講座 ******

1: お母さんのモンテッソーリ@ホーム
    個別相談(無料)で、
    各ご家庭が気をつけるポイントを明確にしてから
    ご案内しています。お申込みはこちら
 
2: お家deお受験オンライン 【お母さんの】教え方講座

     お母さんが家で、お受験プリントを
     怒らないで&確実にできるようにする教え方を
     オンラインでご紹介


募集中のメニュー 

お母さんのモンテッソーリ@ホーム
 

おうちdeお受験オンライン 教え方講座
 

子どもの興味がグイグイ伸びる

「おうちモンテッソーリ」メルマガLesson 
 メルマガの登録はこちら


【子どもを伸ばす】お母さんのモンテッソーリ入門書
好評・無料配布中 & メルマガ登録
「おうちモンテッソーリ」
Special Book

→こちらからダウンロード
モンテッソーリのメソッドを使って
世界基準の好奇心を伸ばす。
【お母さんのポイント】をご紹介 
<スマートフォンでサクサク読めるPDF版>

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Instagramだからかける 【お母さんの】モンテッソーリって?

  • 【ホームスタディ講座のレポート】絵本の疑問にぜんぶ答えます!&絵本の知育って何がいいのどうするの

  • いたずらを好奇心に変える!?【お母さまの10秒ワーク】実践報告

  • <募集>THINGiで発見!【ママらしさ&うちらしさ】ワークショップ

  • ズボ連 特別連載【子育てはダイエットに似ている】

  • 【その子らしさ】からはじまる世界