1. TOP
  2. 未分類
  3. 子どもが伸びる【敏感期】ってなあに?(その1)

子どもが伸びる【敏感期】ってなあに?(その1)

 2018/05/04 未分類   815 Views

おうちでできる&ママができる
モンテッソーリ・ホームスタディの
菅原陵子(りょうこ先生)です。

 

今日はモンテッソーリ 教育基本のき。

おそらく1番有名なんじゃないかと思う言葉

敏感期のお話しです。

 

 

自分のことは自分がよくわかっている。それが敏感期

子どもって、毎日コツコツ大きくなっていきますが

何を伸ばしたい(出来るようになりたい)のかは

自分で分かっています。

 

なので、放っておいたって、大きくなっていくわけですが

いろいろ援助したいですよね。

親として。大人として。

 

 

では、

大人が子どもを邪魔しない援助の仕方や

もっと言うなら伸ばすことができる援助するタイミングを

どうやってもそれを知るかというと

子どもの行動を見ることで知ります。

 

敏感期って、行動にでるんです。

 

 

 

こだわって、こだわって、こだわりがある

それはどういう行動かというと

強い興味、こだわりをもって

夢中で何度も同じことをくりかえす。という行動をします。

夢中=集中します。

 

それは、文字通り黙々と集中するときもありますし

やたらそれをする意味的な集中もあるように思います。

(後者は、なんていうか

ものを変えても同じことをしているという感じです)

 

 

そして一定期間続くと、他に興味が移っていきます。

ちょっとたとえが悪いかもしれないですが

大人でたとえるならマイブームとか、

恋愛のはじめのような

放っておくとそのことばかりしている

そんな感じです。

 

 

歌で言うなら、「エビカニクス」

やりだし~たら、止まらない~♪

という感じですウインク

(*画像はお借りしました)

 

 

で。

 

どうして大切なの?何が大切なの?

敏感期は子どもの成長になぜ大切か?

いくつかポイントがあります。

 

1:子どもが、自分でやりたいことが分かっている

 (やりたいことがある)

2:子どもはそれができると、成長する

 (できるようになる、能力が伸びる)

3:子どもがやりたいことに集中する→集中力

4:子どもが試行錯誤をしながら、満足するまでやると、

  「やった!!」という気持ちが育つ。

5:幼少期特有のかけがえのない時期である。

 

ちょっと勘のいい方ならピンと来たかもしれないです。

全部、子どもが主語です。

子ども自身のことです。

 

 

 

大人ができることはたった一つ

じゃあ、大人は何ができるのか?

大人ができるのはたった一つ。

子どもの時間と場所を作り、守ること。

 

図にするとこんな感じ。

 

 

 

どんな敏感期があるのか?

どんな関わり方ができるのか?

それはまた次回に。

 

 

 

「子どもを思った」つもりの介入にはご注意を!

あとよくあるのは、モンテを知ったことで

環境をあたえなくっちゃ!

作ったからにはやらせなくっちゃ!!となって行ったりします。

程度はありますが、それ、ちょっと違いますよ

(介入していますからねウインク

 

その辺もまた別の機に

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • リアルなお金教育)どうしてオーストラリアに行ってはいけないのだ?

  • 【個別相談】アドバイスを受けて2~3日で、子どもとの会話がぐっと変わりました。

  • いたずらを好奇心に変える!?【お母さまの10秒ワーク】実践報告

  • <募集>THINGiで発見!【ママらしさ&うちらしさ】ワークショップ

  • 生まれてから歩くまで【愛を伝える】オヤコ時間のすごし方

  • 脳科学とモンテッソーリ教育、両方知ると何ができるの?どういいの?に答えます!