1. TOP
  2. 未分類
  3. 生まれてから歩くまで【愛を伝える】オヤコ時間のすごし方

生まれてから歩くまで【愛を伝える】オヤコ時間のすごし方

未分類   713 Views

おうちでできる&ママができる
モンテッソーリ・ホームスタディの
菅原陵子(りょうこ先生)です。  

 

 

知っておきたい6歳までの成長

生まれてから歩くまでのお話、その2

へそから大きくなっていく

そしてココロがどんどん発達している

そんな赤ちゃんに大人は何ができるのか?

知ってみるとお母さんができることいっぱいです。

 

愛しているけどどうしていいかわからない。ときに

生まれてから歩くまで

子どもは愛しいけれど、どうしていいかわからない!

と思ったことないですか?

 

毎日がおっぱい、抱っこ(おんぶ)、オムツ変えだけ。みたいな時期で

泣くから大変、泣かないから楽ちん

でもなんだかお母さんの自由がない。

そんな時期ですよねウインク

 

 

親としては早く寝返りをうてるようにな~れ~

早くハイハイができるようにな~れ~

早く歩けるようにな~れ~

とまあ、いろいろ願います。

それが

へそから大きくなっていく というお話。

 

でも、この時期に育てたいことは結構深いんです。

カラダの育ちと合わせて、心を育てる時期

 

生まれてきてよかった。と思うところから始まる

この時期に一番たいせつに育くみたいものは

「生まれてきてよかった~」と思う気持ち。

 

ではどうしたら育まれるのか育つかというと

赤ちゃんとお母さんがぴったりくっついている

何かあったら応えてくれる

ということを赤ちゃんは求めています。

ここが満たされると

自分のいる場所、環境に安心することができる

 

その安心のがあってはじめて

いろんなことにチャレンジできるようになり

「私、大丈夫!できる!」

という気持ちが育つようになります。

 

安心しているので、

外にも出ていくようになります。

いろんなことにチャレンジしていけるようになります。

 

 

 

お母さんが【分からない】ことからはじめて大丈夫

でも、赤ちゃん自体は、

ぼ~っとしてますよね。

ぽけ~っとしていますよね。

だからつまんない。と思う人もいます。

 

お母さんだって、お母さんの慣らし時期みたいなものです。

ゆっくり、一緒にね。

働きものであり、ちゃんとした大人という生き方から

モードを切り替える時期です。

 

赤ちゃんは

この時期はでも、色んな発達をしていきます。

眼がよく見えるようになったり

音を聞き分けていたり

手足を動かして、筋トレしていたりします。

色んなものをさわって、感触を確かめていたりね。

大人から見たらたわいもないことなんですけど

子どもにとっては大事な発達。

 

 

なのでこの時期

一緒にくっついてのんびり過ごしている中で

子どもに色んなことを話しかけたり

一緒にいろんなことをさわってみたり

そんなのんびりした時間を大切にしてみてくださいね。

 

 

で、

えてして、ずーっとお世話しなくっちゃ、

みたいに思ったりしますが

まあ、お母さんは自分の時間も大切に。

 

いまね~、ご飯作るからねえ~。とか

お掃除するからねえ~。ぶい~んって音するよ~。とか

そんなことを話しながら過ごしても平気ですウインク

 

 

泣いている子を放置しても平気?

よく、泣いている子を放置して家事をしていてもいいのか?

泣かせているのはどれくらいの時間、ゆるされるのか?

と聞かれます。

 

その辺は、言葉がけとかでカバーできたりしますウインク

泣かせてはならない!という気持ちもわかりますけど

泣かせる=悪!ではないんですよ。

ちょっとしたコツでカバーです。

 

 

 

モンテッソーリ・ホームスタディでは

そんなお母さんがこれまでの価値観からちょっとだけ抜け出して

お母さんが自分の時間や生き方を

お子さんと一緒に考えていく。

そんな時間をお伝えしています。

 

 

ちゃんとしなくちゃ、と言う思いが強くて

落ち込んだり、イライラする方は

幼児を過ぎてもなかなかそのモードが抜けない方は

個別相談でお話をお聞きします。

個別相談のお申込み

ただいま無料でお受けしています

\ SNSでシェアしよう! /

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モンテッソーリ・ホームスタディ! おうちで365日【お母さん】ができることの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「人の成長は続いていく」だから10歳までに育てたいものって?

  • リアルなお金教育)どうしてオーストラリアに行ってはいけないのだ?

  • 大人にとってはそんなこと。子どもにとっては大ごと(秩序の敏感期2)

  • フランスだより「お母さんが出かけることの罪悪感」は日本独特?

  • 日本版 子どもを伸ばす大人の心得。子どもに関わる大人の心得。

  • 東京は小学お受験の始まり。 みなさまベストを尽くされましように。